<< 続、子どもを信じる | main | 無意味なことから学ぶ >>

スポンサーサイト

  • 2016.03.08 Tuesday

  • 一定期間更新がないため広告を表示しています


    サドベリー教育という価値

  • 2016.01.26 Tuesday


  • 西宮サドベリースクールは各家庭から学費を貰っています。
    これは、スクールのHP上で公開されている通り、年額420,000円であり、私立校でかかる費用の半額くらいに位置するものかと思われます。(文部科学省HP参照
    http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/006/1317006.htm

    しかし、それでも、スタッフに成り立ての時、僕はこの学費に対して、高いなあという感想を持っていました。
    もっと学費を下げればいいのになと思っていました。

    それは、サドベリー教育OBである僕にとって、この学びは受けられて当前の教育であり、万人が選択できる教育であるべきであって、経済的な格差によって選択できないということがあってはならないと考えていたからです。

    しかし、そんな中、サドベリースクールの保護者の意見が書かれた『自ら学ぶ自由に生きる』という本を読む機会がありました。
    その中で、サドベリースクールという学び方がいかに貴重であるかを知るにつれ、西宮サドベリースクールが掲げる学費は妥当なラインなのだなと思うようになりました。

    ただ、それでも、学費を下げるべきであるという僕の考えは変わりませんでした。
    なぜなら、サドベリー教育の価値は、公教育の選択肢としてあるべき価値を持ったもので、経済的な格差によって受けられないということがあってはならない次元の教育だと考えるからです。

    勿論、西宮もそのことは考えており、奨学金という制度を用意してはいます。
    ただ、奨学金である以上、返済しなければならないものには変わらず、本質的な問題の解決には至らないのかなと思っています。

    西宮の学費は、下げようと思えば一瞬で下がり得るものです。
    生活が困難な家庭に対する学費の援助なども行おうと思えばいくらでも行えます。
    議決権を持つものが多数決をとればいいだけの話だからです。

    子どもとは、目に見える子ども、つまり自分の家庭の子どもだけではないのかなと思っています。
    社会的な"子ども"という存在にどう責任を持っていくか、そういうことが問われているのかなと思っています。

    勿論、学費を下げることで施設維持費などの問題は出てくる可能性はあります。
    しかし、それを解決する知恵を子どもたちは持っているではないでしょうか。



    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/

    スポンサーサイト

  • 2016.03.08 Tuesday


  • コメント
    コメントする









    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』


    『calendar』
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>


    『Profile』


    後藤 海 (うみ)

    兵庫県神崎郡在住
    雲林山光圓寺後住 真宗大谷派僧都・大谷大学文学研究科博士後期過程在学 修士(文学)

    サドベリー型の「デモクラティックスクールまっくろくろすけ」の創立より7年の間、生徒としてオルタナティブ教育を経験する
    2015年4月より子ども達の信任を得て、西宮サドベリースクールスタッフ






    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR